• ホーム
  • マーベロンというピルを服用すればムダ毛が減るって本当?

マーベロンというピルを服用すればムダ毛が減るって本当?

2020年05月14日

ピルの服用によって得られる効果の中には、多毛症への作用もあります。そもそも体毛が濃くなる理由はホルモンバランスの乱れであり、女性ホルモンよりも男性ホルモンが活発化したせいだと言われています。男性ホルモンが活発化する原因は様々ですが、成人後にムダ毛が濃くなった場合はストレスが考えられます。

心身的にストレスが大きくかかると、ホルモン分泌機能に支障が出始めます。女性の体内では男性ホルモンよりも女性ホルモンの方が優位に分泌されることが正常ですが、機能に支障が出ると正常な働きが行えなくなります。その結果として女性ホルモン分泌が抑制され、男性ホルモンが優位に活動するようになってしまうのです。

現代は成人以降年代問わず働く女性が多いため、社会的ストレスにさらされている方もたくさんいます。しかし、ストレスの蓄積を促す要素を生活の中で作り出している方が多いのも現実です。すなわち、自らストレスを蓄積させやすい身体にしている方も増えています。

最もなのは生活習慣であり、その中でも特に食生活が問題です。栄養バランスの悪い食事・ジャンクフード・偏食など、昔は働く男性によく見られる傾向でしたが、今となっては女性にも多いとされます。

もともと毛深い方は体質的問題の可能性がありますが、ピルによる女性ホルモンの作用を取り入れることでもともと毛深いムダ毛も薄くなることがあります。実際に多毛症の治療でもピルが用いられるため、体質的に毛深いと感じている方にも改善の期待はあります。

ムダ毛が濃い理由は人それぞれですが、いずれにしても悩みとなり得るものです。その悩みがコンプレックスに結び付くと、更なる心的負担となってしまいます。カミソリや毛抜きなどで対策は可能ですが、忙しい人ほど面倒なことであり、やり過ぎれば逆効果ということもあります。

そこで、多毛症にも有用とされるピルを使ってみましょう。ピルにもあらゆる種類が存在しますが、特にマーベロンと呼ばれる製品はムダ毛対策に効果的です。マーベロンの女性ホルモンは、他の低用量ピルよりも男性ホルモンによる影響を減らす効果が高いと言われています。

マーベロンは低用量ピルですので、副作用の心配もそれほどありません。副作用が起きたとしても、通常1週間程で治ります。服用方法は毎日同じ時間に1錠、その飲み方を継続します。

ただし、他の低用量ピルと同様に血栓リスクが僅かに上がります。血液系疾患の病歴がある方、35歳以上で1日15本以上の喫煙者などそもそも血栓リスクがある方には使えません。40代以上や肥満の方も血栓リスクが上がると言われていますが、医師に相談して量の調節を行えば問題ありません。

医師の処方により入手することが基本ですが、通販でも購入できます。通販購入する際は、安全性と信頼性のあるサイトで商品説明と対応に不備がない商品を選んでください。また、マーベロンの服用と共に処理法の見直しも行うとムダ毛が薄くなる可能性を高めることができます。

まず、カミソリや毛抜きなどを使用した脱毛法による肌ダメージに気を付けてください。毛の処理による肌ダメージは割と深刻なものですので、毎日行わない・シェービング用クリームやジェルを塗る・処理後はしっかり保湿するなどは欠かせません。体毛は身を守るために生えるため、刺激が多いと増量することがあるためです。

また、生活の見直しも取り入れましょう。特に食生活の乱れ・運動不足・睡眠不足は、女性ホルモン分泌を阻害します。タバコや冷えなど、血行不良を引き起こすものも身から離した方が良いでしょう。体を温めることは内外から行うと効率的ですが、比重値としては内側からの温めの方が大事です。温かい白湯を飲む・程良い湯に浸かる・夏は冷たい風に当たり過ぎないなど、季節を問わず工夫しましょう。